すべての駆け出しYouTuberを応援するサイト

継続力の素!ドーパミン不足を解消する方法

 

前回記事

ドーパミンを分泌するには

 前回の記事ではドーパミンはいつ分泌されているのかについてまとめました。脳から分泌されるタイミングをあらためてまとめます。

  • 楽しいことをしているとき
  • 目的を達成したとき
  • 他人に褒められたとき
  • 新しい行動を始めようとするとき
  • 意欲的な、やる気が出た状態になっているとき
  • 好奇心が働いているとき
  • 恋愛感情やときめきを感じているとき
  • 美味しいものを食べているとき

 しかし、これにはなかなか納得いかない矛盾があるに気づきました。ドーパミンは行動力の源であるのにかかわらず、行動をしないと分泌されないということです。

 楽しい感情や、意欲的な行動は何か大きなきっかけがないと生まれないですよね。そうでもないと、重い腰を上げて何かを始めなければなりません。

 そこで、ドーパミンは食べ物で摂取できないかと思い調べてみました。ドーパミンはアミノ酸の一種であるチロシンから作られており、このチロシンを多く含む食品はこちらです。

  • アーモンド
  • アボガド
  • バナナ
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • チョコレート
  • コーヒー
  • 緑茶
  • ヨーグルト
  • スイカ など

 なるほど、この食べ物をいっぱい食べてればいいんだな。と思っていたのですが、チロシンから生成されるよりもさらに効率がいい直接ドーパミンを吸収できる食べものを見つけました。

 直接ドーパミンを吸収できる成分とは「Lドーパ」です。

たっぷく本舗

Lドーパとは、体を動かす原動力「ドーパミン」の素になるアミノ酸の一種です。

 人は、一般の食物に含まれるアミノ酸チロシンや必須アミノ酸フェニルアラニンを素にして体内でLドーパを合成するのですが、この過程を省いて食物から直接にLドーパを補強することが可能になる食べものがあるそうです。

食物の中のLドーパは腸で吸収されます。

 人は、天然成分のLドーパを含む食物を摂取するとその成分を腸で吸収して体内に取り込みます。腸を経由して取り込まれたLドーパは、体内でドーパミンの素になります。

ドーパミンにはどんな効果があるのか「たっぷく本舗」さんに聞いてみた

 たっぷく本舗さんは、サプリメントではない天然成分としてのLドーパを吸収できる食品の開発をしています。そして、もっとも成分濃度が高いのがムクナ豆だそうです。

ドーパミンは体に力を与えます。

 ドーパミンは、神経伝達物質と呼ばれ身体を動かす原動力になるもので人にとっては必要不可欠です。これが体内に十分存在することによって人は心身を健全に保つことができるのですが、不足すると不調をきたしてしまいます。

 ドーパミンは体内で生成されますが、その直接のもとはLドーパです。これは通常チロシンやフェニルアラニンをもとにして体内で生成されます。

ドーパミンは年齢とともに徐々に減少することが知られています。

 体内で作れられるドーパミンの量は加齢に伴う体の機能の低下とともに徐々に減少することが知られています。年配者の身体の動きがギクシャクしやすいのはこれが原因のひとつといわれています。

体内でドーパミンを生成するには、先ほど挙げたドーパミンを分泌する行動をしなければいけないわけですが、Lドーパを直接摂取すればそのままドーパミンに変わってくれるわけですね。

ムクナ豆が一番ドーパミン増加に効果的らしい

たっぷく本舗

たっぷく豆はドーパミンのもとの成分を穏やかに供給します。

 たっぷく豆の原料のムクナ豆は、天然成分のLドーパを含むとても珍しいマメなので、これがあればチロシンやフェニルアラニンをもとにして生成する手間を省いて直接にドーパミンの素のLドーパを供給することが可能です。

継続の力の源はドーパミン

 前回の記事でもお話しした通り、何事も継続が必要です。継続は力なり。そして、継続の源はドーパミン。何かを本気で継続して成功させたいと考えているのであれば、自分磨きのひとつとして試してみてはいかがでしょうか。

もう一度まとめ

 カラダの中のドーパミン不足が原因の体調不良がいきなり「シャキッ!」とする驚異の健康食品です。

カラダの中のドーパミンが何らかの理由で不足するようになるとカラダとココロに不調が現れます。 ドーパミンは神経伝達物質なのでそれが不足すると脳の指令が体の各部位に十分に伝わらなくなり その結果としてカラダの動きがあちらこちらで悪くなります。

  またドーパミンが不足すると精神面では「やる気が出ない」「シャッキリしない」などの問題が良く知られています。

 この「たっぷく豆」は、ドーパミンの直接の原料になるアミノ酸の一種の「Lドーパ」、 同じくドーパミンのもとになる必須アミノ酸「フェニルアラニン」、アミノ酸「チロシン」が たくさん含まれていますのでカラダの中のドーパミンが増えてカラダの円滑な動きをサポートし ココロも元気になりやる気が出て人生が明るくなります。 それ以外にもすべての必須アミノ酸がたくさん含まれているので年配者のたんぱく質不足を補うことにも役立ちます。

Pocket

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。