gitコマンドをまとめる(ローカル編)

2020年9月6日

いよいよ研修が始まり、gitとソースツリーでファイルを管理することになったのでgitコマンドについてまとめておく。

ソースツリーの方が操作が楽(特にリモート)なんだけどgitの使い方を理解するにはコマンドの方がわかりやすいのでまずはコマンド操作から使い方を慣らしていく。

ちなみに、githubの扱いはssh接続が必須だけど、gitの方はhttps通信だけでも問題ない?

# gitを導入するディレクトリを用意する
mkdir app

# gitの管理を始める
cd app
git init

#gitの状態を確認
git status

#作成、編集したディレクトリ、ファイルをすべてステージ
git add .

# 指定したものだけステージ
git add [ディレクトリ, ファイル]

# ステージしたファイルをコミット(gitデータベースに保存)
git commit
# このあと、vi形式でコメントを入力
# または
git commit -m "コメント"

# addとcommit同時(追跡中のファイルのみ;一度commitしているファイルのみ)
git commit -am "コメント"

# これまで行った動作を確認
git log

# addの取り消し
git reset HEAD [ファイル名]

# 直前のcommitの取り消し、ワークティレクトリも取り消し
git reset --hard HEAD^

# 直前のcommitの取り消し、ワークティレクトリはそのまま
git reset --soft HEAD^

# n個前のcommitの取り消し
git reset --hard HEAD{n}

# commitメッセージの修正
git commit --amend "新しいコミットメッセージ"

# ローカルでブランチを作成
git branch [ブランチ名]

# ローカルでブランチを切り替え
git checkout [ブランチ名]

# ブランチ作成 & 切り替え
git checkout -b [ブランチ名]

# ブランチ名の変更
git branch -m [変更前] [変更後]

# ブランチの削除
git branch -d [ブランチ名]

# ワーキングエリアの差分を確認(add前)
git diff

# ステージの差分を確認
git diff --cached