git initコマンドでmasterブランチがダメだと言われて

hint: Using 'master’ as the name for the initial branch. This default branch name
hint: is subject to change. To configure the initial branch name to use in all
hint: of your new repositories, which will suppress this warning, call:
hint:
hint: git config –global init.defaultBranch
hint:
hint: Names commonly chosen instead of 'master’ are 'main’, 'trunk’ and
hint: 'development’. The just-created branch can be renamed via this command:
hint:
hint: git branch -m

git init コマンドを実行して初期化したらこのようなメッセージが出た。

今までは"master" という名前で初期ブランチが作成されていたが、今後、"master" という名前は非推奨になるらしい。

現在の設定がデフォルトでmasterブランチを作成するという設定になっているので、このコマンドで"main"か何かに変えるよう推奨している。

git config –global init.defaultBranch main

このコマンドを叩いてからgit init しなおしたら"main"ブランチがデフォルトになり、警告が消えた。

~/study/GIT
$ rm -rf .git

~/study/GIT
$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/moriatsushi/study/GIT/.git/

~/study/GIT
$ git add .

~/study/GIT
$ git commit -m"init"
[main (root-commit) 6a1e715] init
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 init.txt

~/study/GIT
$ git branch
* main

すでにmasterブランチを作っているならこれで名前を変える

git branch -m main

実行結果

~/study/GIT
$ git branch
* master

~/study/GIT
$ git branch -m main

~/study/GIT
$ git branch
* main