GitHubに新規リポジトリを作成する

『GitHub実践入門』を参考にしながらGitHubに新規リポジトリを作成する方法を覚えたのでここにその流れを残す。

GitHubにログインしたら右上に自分のアイコンがあるのでその左隣の「+」をクリック
「New Repository」をクリック

フォーム入力画面が現れるので

Owner/ Repository name任意のリポジトリ名
Description説明(README.txtに入る)
●Public
◯Private
とりあえずPublic
Privateは有料
Initialize this repository with a READMEチェックを入れるとREADME.mdを作ってくれて楽、チェックする
Create Repository作成

このように埋めていと簡単に作成できた。
あっという間にリポジトリをおいておける場所を確保できてしまった、しかも無料で。さすがはGitHubのホスティングサービス。

コードを公開する

これだけでは場所を作成しただけなのでここにソースコードを突っ込んでいく。

作成したリポジトリをクローンする

まず、作成したリポジトリのcloneを手元の開発環境に持ってくる。

ターミナルでgitコマンドを打っていく。「atsuaa」は自分の登録したID名に読み替えてほしい。なお今回は、「first_test」というリポジトリを作成したのでそちらも自分のリポジトリ名に読み替えてコマンドする。

$ git clone git@github.com:atsuaa/first_test.git

このようにかえってくる。

Cloning into 'first_test'...
Warning: Permanently added the RSA host key for IP address '~~~' to the list of known hosts.
Enter passphrase for key '/Users/~~~/.ssh/id_rsa': #ここでrsaパスフレーズ
remote: Enumerating objects: 3, done.
remote: Counting objects: 100% (3/3), done.
remote: Compressing objects: 100% (2/2), done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3/3), done.

最後まで出れば成功となる。
途中でrsaのパスフレーズを確認されるので登録したパスフレーズを入力してEnter.

コードを作成する

なんでもいいからコードを作成しておく。もちろん、このタイミングで公開したいコンテンツがあればそのファイルをコピーしてきてもいい。

ホームディレクトリに「first_test」(のclone)がひょっこりできていたのでこのディレクトリ内に今回は「hello.php」ファイルを作っていく。
内容はもちろん

<?php
echo "Hello World!!";
 ?>

このファイル(コード)を公開する。

~/first_test ディレクトリに移動して

$ cd first_test

ステータスを確認。ちゃんとcloneができている様子。

$ git status
On branch master
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
	hello.php

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

コミットする

hello.phpをリポジトリにコミットする。つまり、GitHub上にいよいよ公開する。
なお、今後の変更管理はGitによって保持される。

$ git add hello.php

git addコマンドでステージする。
ステージ・・・コミットする前のファイル状態を記録したインデックスというデータ構造に記録することをステージという。

$ git commit -m "Add hello script by php"

.phpの場合このように表記するのでひとまずコピペしてファイル名だけ変えればいい。

うまくいけばこのように返ってくる。
「~~~」は伏字

[master 50483c4] Add helloscript by php
 1 file changed, 3 insertions(+)
 create mode 100644 hello.php
(base) $ git log
commit ~~~ (HEAD -> master)
Author: atsuaa <your_email@~>
Date:   Wed Apr 1 22:39:11 2020 +0900

    Add helloscript by php

commit ~~~ (origin/master, origin/HEAD)
Author: atsuaa <60589806+atsuaa@users.noreply.github.com>
Date:   Wed Apr 1 22:10:28 2020 +0900

    Initial commit

pushする

最後にpushすることでGitHub側のリポジトリが更新される。

$ git push
Enter passphrase for key '/Users/moriatsushi/.ssh/id_rsa': #パスフレーズ
Enumerating objects: 4, done.
Counting objects: 100% (4/4), done.
Delta compression using up to 4 threads
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 465 bytes | 155.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
To github.com:atsuaa/first_test.git
   50483c4..14d0f5b  master -> master

これで完了。

あとはいつでも誰でもGitHubのマイページ(今回の場合 atsuaa/first_test)で確認できる。

まとめ

Gitをコマンドで操作するのが最初は苦手意識が強くても、これに慣れてくるとweb上のツールを使うよりも速いし楽だ。新しく覚えることも少ない。

ここに必要な一連のコマンドを並べておく。

#クローン
$ git clone git@github.com:atsuaa/first_test.git
#移動
$ cd first_test
#確認
$ git status
#add commit
$ git add hello.php
$ git commit -m "Add hello script by php"
#push
$ git push