初学者が覚える順 linuxコマンド一覧

2020年4月21日

2020-02-10あたりからlinuxを勉強し始めました。使っている参考書はこちら。


新しいLinuxの教科書 [ 三宅英明 ]

ここでは備忘録として、初学者の手引きとして覚えるべきコマンドを参考書の順序に沿って一覧として使い方などのコメント付きでまとめていきます。

はじめの一歩

dateコマンド

$ date

次の行に日付時刻が表示される。

linux内部でコマンドが実行される仕組み

  1. キーボードから入力された、dateという文字列を受け取る
  2. dateという名前のコマンドを探す
  3. 見つかったコマンドを実行する
  4. 実行した結果として得られた日時の文字列を画面に表示する

echoコマンド

$ echo Hello

Hello と表示されます。

ファイル、ディレクトリの操作

ファイルをコピーしたり、他のディレクトリに移動させたり、削除したり、ファイルを使ったやりとりのコマンド。

$ lsコマンド

カレントディレクトリのファイルやディレクトリを一覧表示する。

$ cd first_test
$ ls
README.md	hello.php	hello.txt	hello2.php	index.html

引数にディレクトリを指定する。

$ ls ./first_test
README.md	hello.php	hello.txt	hello2.php	index.html

パス名展開:ファイル名の一部をパターンにより検索して複数ファイルを一覧表示する。

記号意味使い方
*任意の文字列*.php(すべての「.php」ファイル)
?任意の1文字hello.???(拡張子が3文字のファイル)

-lオプション

詳細表示

$ ls -l
total 40
-rw-r--r--  1 user  staff   61  4  1 22:33 README.md
-rw-r--r--  1 user  staff   32  4  1 22:36 hello.php
-rw-r--r--  1 user  staff   32  4  2 16:43 hello.txt
-rw-r--r--  1 user  staff   51  4  2 16:26 hello2.php
-rw-r--r--  1 user  staff  205  4  1 23:06 index.html

-aオプション

隠しファイルも合わせて表示

$ ls -a
.		.git		hello.php	hello2.php
..		README.md	hello.txt	index.html

-Fオプション

ファイル種別も表示(ディレクトリの場合後ろに/)

$ mkdir test_dir1
$ ls -F
README.md	hello.txt	index.html
hello.php	hello2.php	test_dir1/
種類記号
通常ファイルなし
ディレクトリ/
実行可能ファイル*
シンボリックリンク@

$ mkdir コマンド

カレントディレクトリに新規にディレクトリを作成する。

$ ls
README.md	hello.txt	index.html
hello.php	hello2.php	test_dir1
$ mkdir test_dir2
$ ls
README.md	hello.txt	index.html	test_dir2
hello.php	hello2.php	test_dir1